様々な方法で試みたが結局は医薬品頼み!そうろう改善する彼氏

%%MENU%%

早漏防止薬

男性のみなさんは早漏が飲み薬で治せるって知っていましたか?
もちろん怪しい薬ではなく、病院できちんと処方して貰える早漏防止薬です。
「イクのが早すぎて、女性を喜ばせてあげられない…」なんて悩みを抱えている人はこれから紹介していく薬を試してみてください。

【早漏防止薬ポゼットとは】
この薬は病院処方される「プリリジー」のジェネリック医薬品になります。
「先発薬の紹介は??」と思うかも知れませんが、これも全く同じ成分が同じ用量で入っているので同等の効果を期待することが出来ます。
しかも病院処方は1錠3000円となり、SEX前に1錠服用となっている薬だけに継続して服用するには金銭的に負担が大きいはず…。
なのでジェネリック医薬品である「ポゼット」を紹介します。
ちなみに1錠は135円ほどになるのでかなりオススメです。
早速、紹介していきます。
ポゼットは「ダポキセチン」という先発薬と同じ成分を使って作られています。
ちなみに、インドに製造拠点を置いている「サンライズレメディー社」が製造販売を行っています。
用量には先発薬と同じ60mgの他にも、30mg/90mgの2種類の用量があり、これもジェネリック医薬品ならではです。
個人輸入代行サイトで国内からでも誰でも簡単に購入することができ、病院処方とは違いかかる費用は薬代と送料だけです。
パソコンあるいはスマホから24時間注文できるのも時間に追われる生活をしている人にとっては大きなメリットになるはずです。

【ダポキセチンの効果】
この成分はもともとはSSRIという系統に含まれる「抗うつ剤」として使用されていた薬です。
使用していく中で射精が遅れるという患者さんから報告が増え研究を重ねて早漏改善効果が発見され、今では転用され早漏防止薬成分として活用されています。
まず「SSRIってなに?」となるはずです。
これは日本語に直すと「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」となります。
脳内のセロトニンが再吸収されないように阻害する効果があります。
つまり、異常な興奮によって射精までが短くなっている人はこのセロトニンが不足している状態なので症状が現れてしまいます。
セロトニンの濃度を高めることで、射精感を減退させることができます。
しかも約4倍にまで射精までの時間を延長できると言われているので、十分な挿入時間が期待できます。
早漏に悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか?